伝統技術と最新テクノロジー

IMG_6234-e1499080943348.jpg

高岡市の鋳物、南砺市井波の木彫り、そして東京藝術大学。

伝統と職人の技術、そして学術研究、さらに最新テクノロジーが高度に融合して、法隆寺にある国宝釈迦三尊像が見事に複製されました。

ここまで寸分違わず複製を作ることができたのは、やはり最新テクノロジーによるところが大きいかと思います。今回は東京芸大が特別な許可を得て、実物の釈迦三尊像を3Dスキャンし、そのデータを元にモデリングが行われ、3Dプリンティングで原型が制作されました。

今回は複製釈迦三尊像のみならず、その副産物である樹脂の原型も展示されており、機械によって作り出された像とは思えないほど神々しい姿で、思わず手を合わせたくなりました。

日本が世界に誇る仏教文化の中でも最高峰にある法隆寺の釈迦三尊像の複製という一大プロジェクトで、高岡と南砺というどちらも富山県内に息づく伝統技術が生かされたことは、本当に凄いことだなとあらためて感じました。

お読みいただきありがとうございました!よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top