新高岡駅から歩ける「高岡市地方卸売市場」をどこにも負けない観光市場に!

9150200_1972d47bd1_o.jpg

・瑞龍寺、勝興寺、御車山など国宝や文化財による観光

・伝統産業の工房めぐり、手仕事体験など体験型観光

・富山の美味しい食を超堪能できる市場の創設!

観光に行けば、そこでしか味わえないもの、見られないもの、体験できないものにお金を払いたい!(のでは?)

高岡は歴史的な街並みや 国宝瑞龍寺、御車山会館など、素晴らしい観光スポットが多く、決して他の地方都市に観光資源で負けていることはありません。一方で、観光に来た方々がお金を使う場所がないという声もよく聞きます。

「人が集う」をキーワードにすれば、私は「市場」こそ絶好の人が集う場ではないかと思います。


© Chris Yunker

ワシントン州シアトルは、アメリカ西海岸ののどかな田舎町で、港が近く、美味しい魚介類が沢山捕れるところです。シアトルと言えば、クラムチャウダーとか、スターバックス(一号店)が有名なのですが、それらはすべて、シアトルの港にほど近いPIKE PLACE(パイクプレイス)というパブリックマーケットにありました。

市場ってとっても魅力があると思いませんか?

朝も昼も、夜も、たくさんの人が集い、活発な経済活動とコミュニケーションが行われています。活気と言う言葉は市場にこそぴったりの言葉ではないかと思います。
これはもちろんシアトルだけの話ではありません。世界中の港にほど近い街には大抵市場があり、活気ある商いが行われています。なんというか、世界共通の人間社会の営みとでも申しましょうか。

日本にも市場はたくさんありますね。東京築地はもちろん、北陸では金沢の近江町市場が毎日観光客で大賑わいです。

ちなみに高岡にも全然負けてない素晴らしい市場があります。それが高岡市地方卸売市場です。場所は新幹線の新高岡駅から歩いて200メートルくらい場所なんです。市場の皆さんからもお話を聞きましたが、昔はもっと活気があったそうですが、今では廃業したり、移転したりで大分空きができてしまったそうです。

ちょっと待ってください。

最近良く空き家をリノベーションして、ゲストハウスにしたり、ショップやビストロにしたりってありますよね。

それをもうちょっとだけスケールをでかくして市場のリノベーション。

これダメでしょうか。卸売市場としての機能だけでなく、観光市場としての部分的活用。

そんな予算ないとは思いますが。しかし、シリコンバレー的な発想をすれば、カネがないならある人から投資してもらえば良いじゃないかということになります。日本人観光客はもちろん、外国人観光客も今では高岡にたくさん来てくださってます。せっかくたくさんある候補地の中から高岡に来てくれたお客さんたちに、東京では得られないようなおもてなしができたら、きっと喜んでもらえるのではないかと思います。

それがどんな市場なのかよくわかりません。

その知恵は、高岡の人だけで出す必要もないと思います。明治日本がヨーロッパの力をたくさん借りて西洋化を進めたように、自分たちでできないならば、できる人に教えてもらう、助けてもらうという明治の日本人がやったことを今一度やってみるのはどうかと思います。

新幹線から歩ける距離にある高岡の市場は、歴史創造都市高岡の街中探索と合わせて、強烈な観光資源になる可能性があるのではないかと思います。そんな簡単なもんじゃないというのは重々承知のうえですが、それでも実現できたら絶対面白いと思いませんか?

お読みいただきありがとうございました!よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top