責任は『所有』するんじゃない『共有』するんだ!

futagami03_s.jpeg

・東京一極集中を止めなければ地方は消滅する。
・本気で人口の再分配を実現するためには、相当の変革が必要。
・失敗を恐れず、チームでプロジェクトを推進する。

一刻を争う地方創生

増田寛也さんの「地方消滅」以後、地方創生が真剣に議論されるようになりました。少子化はもはや潜在的な課題ではなく、現実的に起きている危機であり、一日でも早く対策を講じなければやべーってことになります。

ちなみに、地方消滅というのは、別に地方にいる人が滅亡するわけではなく、自治体として体をなさなくなり、今と同じ行政サービスを提供できなくなるという意味です。つまり、市役所という組織、議会という組織が維持できなくなるという警鐘です。

居心地の良い場所にいる危機感を持つこと

地方消滅という名の通り、今日本が直面している人口問題は地方から深刻さを増してきます。まるで末端から壊死をはじめる凍傷のようなものです。原因は「東京一極集中」にあると、増田先生は述べられています。

東京は魅力的な都市です。住むにしても、遊ぶにしても、働くにしても、教育環境にしても、すべてがハイレベルで世界中の人々が憧れる街です。その街を捨てて、地方に帰れというわけですから、もし本気で人口を地方に再分配しようというならば、それは相当の変革を覚悟しなくてはなりません。

地方の方も、中央が地方創生と言っている、移住促進せよと言っている、予算も付いた、よし、東京で物産展だ、移住フェアだ、ってレベルで、人口の再分配ができると思っているならば、、、

いや、地方自治体にいる人たちも、みんなそんなことで今日本が直面している最大の問題が解決できるなんて思っていないし、焼け石に水も良いとこだってわかっているはずです。

東京一極集中への打開策は、その地域によって異なります。そのアイデアは、地域の特性によって千差万別になるはずです。中央から、どこの地方にも当てはまるような答えを準備してもらうことはできないのです。

地域の意見を取り入れたアイデアを出すために議員が果たす役割はとても大きいと思います。

そして、大切なことは地域や市民と、行政、議会が一致団結して、前向きなアイデアを出し、それをとにかくさっさと実行することです。うまくいくか、いかないかを議論する必要はありません。だって、その議論を1年かけてやっているうちに、それだけ状況はより悪くなります。

人口問題については、今日が最良で、明日はより悪くなっています。だから、1日でも早くはじめることが正解であり、解決策そのものに正解なんてないのです。

僕がかつて勤務していたマイクロソフトは、なんだかんだ言っても世界を変えるようなソフトウェアを、たくさん生み出してきました。ソフトウェアは機械ではなく人間の叡智によってしか生み出すことはできません。しかも、一人ではなく、たくさんの人たちが、プロジェクトを組み、役割を分担し、あらゆる障害や、課題をチームワークで解決しながら、複雑なシステムを組み上げていくしかないのです。

地方創生プランは、その地域ごとに実行しなくてはならない、壮大なプロジェクトです。間違いや失敗はあるかもしれないけれど、それをチームでカバーし合いながら、プロジェクトを前進させていくことが大切です。

マイクロソフトでは責任を誰かが「所有」することはありませんでした。代わりに責任は「共有」するものでした。つまり、問題発生は「誰かのせい」になりません。代わりに個人には「説明責任」が求められました。成功しても、失敗しても、なぜそうなったのか説明することが求められました。重要なことは、説明の責任であって、失敗の責任ではないところがポイントです。

日本の地方創生チャレンジも、マイクロソフトと同じように、オープンなコミュニケーションと、チャレンジ、そして責任を共有するプロジェクトで、解決のアイデアを見つけ出したいと思います。

責任は「所有」するもんだと思うから、みんな避けたがるのです。責任は「共有」するもんだと思えば、チーム一丸となって解決策を考えられるし、試行錯誤しながら、様々な取り組みにチャレンジできるのです。

お読みいただきありがとうございました!よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top