新年のご挨拶

あけましておめでとうございます

昨年は激動と言って良い1年でありました。さすが前厄、試練に次ぐ試練の連続というのが昨年の想い出です。その中でもやはり初めての選挙というのは大変な産みの苦しみがありました。本人は自分で決めたことなので同情の余地はないとして、家族や親族、地域の皆さまはじめサポート頂いた方々には大変な苦労をかけたことを申し訳なく思うと同時に、あらためて心から感謝する次第です。ありがとうございました。

本厄の今年は…

今年は本厄です。しかも大厄ということで、言ってみればボスが出てくるわけで、昨年の前厄ですら、大変な1年だったことを考えると、年明けからすでに震え上がっています。とは言え、試練と苦労の大きさはやり遂げた時の達成感もまた大きくなることは間違いないわけで、大厄というのは、一方で大きなチャンスの裏返しでもあるのかなと思います。

町内のお宮さんで厄払いのお神酒を一気飲み!しかも2杯(写真を撮り忘れたため)

財源不足が取り沙汰される高岡でできること

我が高岡市では2017年の11月に次年度以降の財源が恒常的に40億円不足すると伝えられ、以後矢継ぎ早に新市民体育館の建設延期や、市民会館休館などが決定しました。街中を走るバス「こみち」の廃止や、ユネスコ世界無形文化遺産に登録された高岡御車山の補助削減など、その他にも多数の廃止、削減、譲渡などが計画されています。

僕個人としては自分が得意領域としているITの見直し、またITを活用したワークスタイル変革などを積極的に推進していきたいと考えています。特にITについては単にコストを見直すだけでなく、新しいシステムを導入することで、市で提供しているサービスがより便利になったり、対応が早くなったりするように付加価値の高いIT導入推進の支援をしていきます。

経過については当サイトで継続的にご報告していきます!本厄頑張ります!

お読みいただきありがとうございました!よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top